今大人気の『海外でボランティア』

老人介護ボランティアプログラムではオーストラリアの介護福祉施設で、ボランティアワーカーとして介護・介助のお手伝いをすることができるプログラムです。

ボランティアは介護・福祉施設に入居する高齢者の方たちとリクエーションやゲームをしたり、食事の準備をしたり、話し相手になったり、スタッフのアシスタントとして仕事をします。オーストラリアと日本の福祉施設ではシステムや内容にかなりの違いがあり、老人介護の現場で実際に働くことで、オーストラリアと日本の介護に対する考え方や雰囲気の違いなど、さまざまなことを学ぶことができるでしょう。

 

また、英語を伸ばしたい方にもオススメです。英語を伸ばしたいけど、学校は高い!実践で生の英語を学びたい、マンツーマンでオージーと話をしたい!

そして家ではデミペアとしてお仕事として英語を理解、伝えることが随時必要になるので、英語力の向上に最適です。

※施設側のスタッフは英語を教えるつもりで受け入れているわけではありませんのでみんなに喜んでもらおうというボランティアの精神は忘れないでくださいね。コミュニケーションを積極的に取りたいというその情熱が結果として英語の進歩につながります。

​お絵かきタイム。子供達がいる時は一緒に遊んでくれるのでオーペアさんも楽チンです。

お話が出来ない方とはipodを使って一緒にリズムを取って楽しみます。

一緒に音楽を聴いているのはみなさんのお世話をしてくれる施設の日本人スタッフ、シズカさんです。

アクティビティールームの一室。たくさん話しかけてあげれば皆さん喜びますよ。

他国のオーペアさんもボランティアに来ることもあります。お友達になるチャンスです!

具体的には何をするの?

仕事の内容は毎日あるアクティビティーのお手伝いなどで、折り紙などを高齢者にどんどん教えてあげてください。お習字なども楽しめそうです。

ボランティア先には日本人コーディネーターが初日にお連れして、介護福祉施設のスタッフを紹介し、オリエンテーションを含め、注意事項の説明の通訳を致します。

参加条件は?英語が話せなくても大丈夫?

英語レベルは基礎的な会話が可能なIntermediate以上となります。またポジティブでご高齢の方が好きな人、明るい人。もちろん経験は不問。やる気のある方なら誰でも大歓迎です!あなたの優しさと勇気が身寄りのないご老人の手助けになることに自信を持ってください。

また日本人ヘルパーも勤務しておりますので、わからないことがあれば気軽に聞いてくださいね。

 

活動可能期間が最低3週間より、目安として10回以上は来れる方のみ。

18歳以上。現地にて無犯罪証明書の取得が必要です。

学校に通うことは可能?

ボランティア活動は基本的に平日の9時〜4時半頃まで可能です。午前中のみなどのパートタイムの学校でしたら午後のみのボランティア活動に参加が可能です。デミペアのお仕事もあるので毎日でなくても構いません。

デミペアのお仕事、スケジュールを優先とし、ご自身のフリータイムに参加ください。

オーペアでも参加可能?

オーペアで日中、子供達のお世話をする方にも最適なプログラムです。ベビーシッターの勤務中にオーペア先の子供達を連れて行くことが可能です。現地ではおじいちゃんおばあちゃんが子供達とお絵描きなどのアクティビティーを楽しめ、オーペアの息抜きにもなるので実は超オススメ。この場合はホストファミリーに許可を得てからの参加となります。

​どこへ行けばいいの?

介護福祉施設はパースシティより南へ約9kmのSalter Pointというサバーブに位置します。綺麗で広く、開放感のある大きな施設です。スタッフも皆フレンドリーです。

デミペア+ボランティア

1日のスケジュール例

7:00 am

デミペア・朝の勤務

8:00 am

家を出る

9:00/10:00am

ボランティア活動開始!

朝食の片付け エクササイズ、ランチのお手伝い、アクティビティーを楽しむ、アフタヌーンティのお手伝い等

3:00pm

ボランティア終了

4:00pm

フリータイム(ボランティアから帰ってきて少し休憩)

5:00 pm

デミペア・夕方からの勤務開始

デミペア+語学学校

+ボランティア

1日のスケジュール例

7:00 am

デミペア・朝の勤務

8:00 am

家を出る

9:00am〜12:00pm

語学学校

1:00pm

ボランティア活動開始!

アクティビティーを楽しむ、アフタヌーンティのお手伝い等

3:00pm

ボランティア終了

4:00pm

フリータイム(ボランティアから帰ってきて少し休憩)

5:00 pm

デミペア・夕方からの勤務開始

​お申し込みからボランティア開始の流れ

1、参加規約を確認ください。

参加希望の方はこちらをご覧になり、同意されましたら以下におすすみください。

2、申請書類を記入ください。

以下の申請書類をダウンロードし、印刷後、分かる範囲で記入ください。

(備考)

1:National Police Checking Service (NPCS)についての記入

 

犯罪証明書の申請についてこちらの記入が必要です。

申請は施設の方で行います。申請書類の必要箇所に, 分かる範囲で記入して, 書類に書いてある100点以上になるID(パスポートとWork with children cardなど)とともに, 1日目に持ってきてください。

犯罪歴が無い方は, 申請日からさっそくボランティアを開始していただけます。

例えば、オーストラリア在住の方はパスポート70点, クレジットまたはデビッドカード25点, bank statement 25点

で100点分になります。

もしくは日本からのお申し込みの方はパースの日本領事館に必要書類を持っていくと1週間でBirth certificate 70点分 が取れるようです。(有料)日本から戸籍謄本または戸籍抄本を持って来れる方は, パースに着いた後この申請を行っていただけると大丈夫です。

 

2:Volunteer Application, Statutory Declaration等

全てわかる範囲で記入ください。

必要書類は施設で管理するため英語表記でよろしくおねがいいたします。

 

※全ての資料において、わからないところは施設スタッフが手伝って初日に記入します。

3、面接をさせて頂きます。

GENKI Familiesコーディネーター、もしくは日本人施設スタッフとSkypeにて面接をさせて頂きます。

この時点でお客様の特性、希望日時、期間などを確認させて頂きます。

 

※目安として10回以上来れる方のみ参加可能となりますのでご了承くださいませ。

(参加日時は大体9時〜4時まで、時間は午前中・午後のみ、または1日中、などあなたのスケジュールに合わせて頂いて構いません)

4、初日のオリエンテーション

日本人コーディネーターが勤務されている毎週月、火、水のうちどれかを初日のオリエンテーション日としますので全ての書類をお持ちください。(開始時間10時)

 

この日は施設見学や、注意事項などのハンドブックを用いてオリエンテーションを行います。

もちろん時間があればオリエンテーション後そのままボランティアを開始して頂いて結構です。

3、フィードバックを送信

モニターキャンペーンをご希望の方は、何回か終了しましたら、写真付きでボランティアのフィードバックをGenki Familiesまで送信ください。※このフィードバックはWEBサイトに掲載することがあります。

参加費用

$390

期間問わず。3週間から何ヶ月でも参加可能です。曜日、時間は皆さんの都合に合わせてフレキシブルに参加可能です。

現地でのランチ、ステイ先からの交通費は含まれません。

今ならモニターキャンペーン実施中!

デミペアもしくはオーペアとのお申込み、体験談を写真付きで送信して頂ける方のみ、なんと大幅にディスカウント!

参加費たったの$50!

老人ホームボランティアのみのお申込みも可能です。質問、相談など何でもお気軽に連絡くださいませ。